院長のひとりごと

2021.06.15

そろそろ還暦

前回、院長の独り言を書いてから、2年になります。何と長い間怠けたことでしょう。()

その時書いた記事が、ロスの大谷観戦ツアーでした。

今考えれば、あの時行っておいて本当に良かった。

その後は、世界中でコロナパンデミック、当分彼の活躍を本場で見るのは難しそうです。

しかし、今年の彼の活躍はどうしたことでしょう。

野球ファンでなくてもワクワクしますよね。

日本人ばかりか、アメリカ人にも愛され、人間的にもドンドン成長しています。

オールスター出場もほぼ確実のようです。怪我無く、最高の1年になってくれることを願います。

 

久しぶりに近況報告を書く気になりました。

今年8月で60歳、とうとう還暦を迎えます。

歯科医師となって35年、途中大病をして入院することも度々、診療所休診の危機もありましたが、

何とか楽しく仕事を続けられたことに感謝です。

健康の大切さを実感しつつ、

わずかに残った歯科医師魂と日に日に衰えていく体だけが今後の私の武器となりました。

他職種の友人からは、定年がないことを羨ましがられますが、逆に私は定年して、

人生をリセットしたいという想いがありました。

しかし、コロナを境に自然に新しい生活に変えざる負えなくなりました。

今までは、ただがむしゃらに仕事をし、好きなことを追い求めました。

余暇は自由気ままに旅をし、美味いものを食べあさり、よく飲み、よく騒いでいた

かつての生活が当たり前ではなくなりました。

後継者もいないため、「楽しく悔いなく働くこと」をモットーに、診療時間を短くし、

診療後の家での自分時間を楽しむ生活、休みをしっかりとり、新たな趣味や楽しみの探求、

そして何よりも気の許せるスタッフに囲まれ、私を信頼して通ってくださる患者さんに対して、

最良の診療を提供すべく、もうしばらく歯科医師人生を歩もうと思います。

 

追伸 その先月初孫が生まれ、とうとうおじいちゃんになりました。

孫は、子供とは違った意味で可愛いですね。

       宇治郷という名前を名乗る家族が増えたことがとても嬉しいです。

       女の子なので、可愛い洋服を買う楽しみが出来ました。

これから、孫がどんどん増えていくといいなと期待しています。

 

   その2 今年は皆さんに、また私の病気で心配とご迷惑をおかけしました。

              2月から6月までの5か月間。悪性リンパ腫のため抗がん剤の治療を行いました。

       4クールの抗がん剤治療も終わり、今後経過観察の予定です。

       もともと、腫瘍マーカーが高かっただけで無症状だったので、元気に復帰しています。

       この治療中に、血糖値の上昇を抑えるために、食事制限を行いました。

       しっかり4~5kg痩せて、すっきりとした体形になりました。

大好きなパンも甘いものも控えて、日々耐えています。

いつまで維持できることか、これが一番問題です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム