子供たちにとって歯科医院との最初の出会いが、歯科に対するイメージを決定し、最初に嫌な思いをしたり、痛いことをされたりすると悪いイメージを持ってしまいます。
そうすると歯科受診は敬遠され、痛くなったり腫れたりしたりと症状が進行してからの受診となり、痛みを伴う治療が必要になります。
そしてその結果、歯科医院は行きたくない場所になってしまいます。

当歯科医院は、虫歯で痛くなってから治療に行くような嫌な治療をされる歯科医院ではなく、虫歯になる前に、健康維持のために子供たちが笑顔で喜んで通いたくなるような歯科医院づくりを目指しています。
それでは ここで、当院の治療の流れを見てみましょう。

【来 院】  

「こんにちは」。
笑顔で受付のお姉さんがお出迎え。
お母さんが受付をしている間に、子供たちは早速キッズスペースでお遊び開始。

歯医者は恐いところではありません。
楽しいところです。

【診療室へ】  
小さなお子さんはお母さんと一緒に、ひとりで座れるお子さんはひとりでチェア−に座ります。
チェア−の前には、テレビがついてます。ビデオを見ながら診療できます。
まずは、衛生士のお姉さんとお母さんとお話開始。

十分にお話をお聞きします。
それでは口の中を見て見ましょう。
少しお子さんがリラックスできるように、
衛生士のお姉さんと歯ブラシ練習。

お子さんが少し慣れたところで先生登場。
口の中をチェックします。

今度は、先生とお母さんとで、お話開始。
・ 口腔内の状態説明
・治療方針、治療内容の説明
・生活習慣アンケート配布

当院は、小さなお子様の場合、初回は原則治療を行いません。

【診療終了】  
受付にて次回の予約。

頑張ったお子様には、歯磨きシールや
いろいろなプレゼントがあるかも。

保護者の方へ