倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
                                
院長のひとり言 



    慌しい毎日


平成20年11月30日

こんにちは。院長の宇治郷です。

早いもので、明日からいよいよ12月になります。

一年の締めくくりの年、そしてやり残した仕事を仕上る月です。

12月は、師走と呼ばれ、その由来は坊主(師には、僧侶の意味もある)が

走り回るほど忙しくなるからと、言われています。

坊主ではない私も、11月から師走並みの忙しさでばたばたしています。



昨晩は、歯科医師会主催の家族会、「クリスマス・イン・チボリ」に

家族みんなで参加してきました。3年ぶりの家族参加型のイベントでした。

寂しいことに今年一杯で閉園が決まったチボリ公園で、プロのマジシャンを

招いて、食事をしながら、一足早いクリスマス会を楽しむというものでした。

今回スペシャルゲストは、プロマジシャンの亜羅仁(アラジン)さんでした。

少し紹介しておきます。


亜羅仁(アラジン)

15歳からダンス、日本舞踊、和太鼓、タップなどで数々のステージをこなした後、プロマジシャンとしてイリュージョンを主に活躍しますが、88年から4年間、渚晴彦師に師事し、さらに腕を磨きます。2000年に現在の亜羅仁(アラジン)に改名、現在は有加さんとパートナーを組まれ、ダンシング・イリュージョンと銘打って活躍中です。スマートで常に動きのある軽快なパフォーマンスは、ダンスの世界から来たことを十分に生かしきっていて、他の追従をゆるしません。もちろん、スライハンド、和妻、イリュージョンと、なんでも魅力的にこなされます。


初めて、プロのマジック、しかもイリュージョンなるものを間近で見ました。

とても、トークも軽快で゜、楽しく、エキサイティングなステージが見れました。

途中で、小学生を浮かせるイリュージョンでは、正面まで行って見たのですが、

さっぱりトリックは分かりませんでした。

しかし、後でイリュージョンに参加したその子が、

「下に何か板のようなものがあったんだよ。」と言ってました。

考えれば、当たり前のことですよね。


今回のように、歯科医師会の会員だけでなく、家族が集まって、

パーティーを楽しむような企画は、なかなか珍しく、とても楽しい時間でした。

子供さん、奥さんと一緒の先生方の顔は、普段と全く違い、新しい一面が

垣間見られました。

我が家の子供たちも、そして妻も十分に楽しんだようで、こういった企画は、

是非今後も続いてくれればよいなと思いました。



パーティー終了後は、場所を岡山へ移して、同窓会の飲み会に参加しました。

この飲み会は、私の母校でもある岡山大学歯学部の卒業前の学生と、

OBである我々開業医が、一緒にお酒を飲むと言うものでした。

実は、最近の歯学部の学生さんは、卒業後の進路問題について、

色々と悩んだり、不安に思ったりする事が多いそうで、

是非OBの話しを聞きたいと言う事で、実現したそうです。



実際に会場に行ってみると、約40名の学生と、10名の開業医が集まっていました。

我々の学生時代(約25年前)は、男性8割、女性2割でした。

しかし、今は男性3〜4割、女性7〜6割という比率だそうです。

これからの「歯医者」は、女性の仕事になるのかも知れません。


実際に学生さんと話しをしてみると、卒業後の進路に不安を持っている人が

非常に多いことが分かりました。

我々の時代は、卒業後、数年大学の医局に残り、その後は2〜3年開業医で

修行してから開業というのが、一般的でした。

私の同級生も、4名の大学教授になったものを除けば、ほとんど男性は開業、

女性は夫の歯科医院を手伝うものがほとんどで、中には自分で開業という

パワフルな人もいます。今なお勤務医をしている人は、ほとんどいません。

しかし、この状況が一変しかけているそうです。

医療を取り巻く環境は、日増しに厳しくなり、保険制度も尻すぼみ、

歯科医院の経営は大変厳しいものになっています。

「こんな時代に、大きな借金をして歯科医院を開業しても、成功しない。」

と、大学でいつも色々な先生に言われているそうです。



確かに、これからの時代の歯科医院経営は厳しいものだと思います。

しかし、私個人的には、まだ努力次第では、成功する事も可能だと思います。

患者さんがたくさん来てくれ、大流行の歯科医院になる事が

必ずしも成功とは限りません。

患者さんは、少なくても、自分の一番よいと信じる歯科治療を提供し、

来院してくれた患者さんに本当に満足してもらえれば、

それもひとつの成功ではないですか。

我々歯科医師は、お金をいただきながら、なおかつ感謝をされる。

こんなよい職業は、他にはそんなに多くはありません。

歯科医師は、これからお金持ちになる事は難しいと思います。

しかし、人々の健康を守り、そして健康づくりのお手伝いが出来るような

仕事ができる歯医者という職業の素晴らしさを学生さんにお話しました。

社会情勢もますます厳しくなり、女性も多いので、

今後開業する人は減ってくる事と思います。

しかし、勤務医でも、自分のやりたい事をしっかりと見据えて、

日々努力していけば、充実した人生が送れることと思います。



少し、かっこいい話しをほろ酔い気分(実は、かなり酔っていた)で、

学生さんに話してきました。

きっと、学生さんを励ましているつもりで、

実は、自分自身を励ましていたのかもしれません。

しかし、いろいろと考えさせられる一日でした。



今日は、二日酔いの中、朝から矯正の勉強会へ参加してきました。

月に一回、半年コースの勉強会で、また新たな苦労の始まりです。


勉強会に終われ、衛生士学校の授業の準備に追われ、

歯科医師会の仕事に追われ、今年立てた目標のやり残した仕事に追われ、

私の慌しい師走がスタートします。

計画性を持って、コツコツ仕事をする事を学習したいと思います。


P.S.

忘れてはならないもう一つの行事が迫ってきました。

来週の日曜日は、いよいよ「赤穂義士マラソン大会」で10kmに挑戦です。

うじごう陸上部、今年最後のイベントとなります。

部長 (受付宇治郷)と ひらの部員(院長宇治郷)とで参加してきます。

また、結果をご報告します。




     毎日慌しい日々を送る無計画の  宇治郷 好彦
   



倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500