倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
 
院長のひとり言 


H17.8.1   NLPって知ってますか?


  7月27日に大阪で開催された、
NLP 1日集中コースに参加してきました。また、けったいな名前のセミナーに参加しているなと思われている方も多いと思います。実は、当の本人もほとんど内容は理解していなかったのですが、コミュニケーションの能力を高める上で、コーチングよりももっと役に立つという話を聞いて、休暇をかねて参加してきました。

NLP(Neuro Linguistic Programming)とは、短時間で相手との信頼関係を築いてしまう米国生まれの最新スキルです。

NLPを使えば、クライアントとのスムースなコミュニケーションを簡単に図れる優れものです。講師の金蔵院先生の言葉を借りれば、以下の通りです。

「コミュニケーションは発信だけではなりたちません。相手がどんな情報を受け入れてくれるのか、そこがポイント。相手の信頼を得、相手の心を開かせることができたとき、自分の望むコミュニケーションの関係を構築できる。コミュニケーションの主体は、言語ではなく、非言語の領域。そこに注目して、体系化したのがNLPです。」

どうですか。わかっていただけましたか。(笑)(笑) わかるわけないですよね。
私が習ってきたことを少し細かく説明してみたいと思います。

・コミュニケーションとは、相手の反応が実際のコミュニケーションの結果である。
 
何を話したかではなく、相手にどう伝わったが重要である。

・信頼関係を築くためには、相手にとって自分が「安心できる存在」であり「心を開いても良い存在」であることが重要である。
 
相手の波長に同調するペーシングの手法

・一般的に、人は、視覚、聴覚、感覚(触覚、味覚、嗅覚を含む)の3つの傾向で物を考える。
  例えば、旅先の観光地に行ったときに、
 
「わぁー、すごいキレイな景色。」とか、「わぁー、すごい立派な建物」とか見た目の感想が最初に言葉として出るのは、視覚傾向の人です。

「わぁー、鳥の声がきれいだな。」とか、「滝の音が、すごく聞こえてくる。」とか出てくるのは、聴覚傾向の人です。

「わぁー、風が気持ちよい。」とか、「潮の香りがする。」とか、「空気がとてもおいしい。」とか出てくるのは、感覚傾向の人です。

 どのタイプが良いとかではなく、人にはこういうタイプがあり、タイプごとに感じ方が違うためコミョニケーションの取り方も相手に応じて変えていった方がよりスムースにコミュニケーションをとることができるということだそうです。

どうですか?すごいでしょう。
私は、この話を聞いて、目からうろこでした。この他にも、話をする時の視線の方向によってその人がどんなタイプの人であるかがわかるという話や、コーチングの話、テクニックもたくさん教えていただき、大変有意義な一日でした。参加者も、歯科の業界の人は、1人もいなくて、大手企業の営業の人、経営コンサルタント会社に勤める人、独立して会社を経営している人、仕事を退職してのんびりしている人と多種多様な参加者でした。しかし、皆さんとても真剣で、少しでも自分の仕事や生活に役立てようとしているのが感じられ、とてもよい刺激になりました。また、他業種の方といろいろな話や、意見の交換ができたことも大変有意義でした。8時間の長いコースでしたが、あっという間のとても楽しい一日を送ることができました。何か、少しNLPに、はまりそうな予感がしています。

 また余談ですが、その日は念願のリッツカールトン大阪へ宿泊することができました。評判どおり、立派な落ち着いたホテルで、雰囲気も部屋の設備も最高でした。翌日、昼前までホテルのジムやプール、スパでのんびりして、最高の大阪の休日を過ごすことができました。ホテルスタッフの対応も一流でとても気持ちの良いものでした。今回は、1人で行ったので、家族やスタッフからは大ひんしゅくをかいながらも、うらやましがられました。次回は、是非家族と一緒に行きたいと思います。

院長  宇治郷 好彦



倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500