倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
 
院長のひとり言 


H17.6.5
健康フェアーに参加して

こんにちは。院長の宇治郷です。

6月5日(日)今日は、倉敷の歯科医師会主催の第29回 歯の健康フェアーに参加しました。この健康フェアーは、歯科医師会、衛生士会、技工士会、行政(倉敷市)が協力して、市民の歯の健康を守ろうとするすばらしい催しで、今年で何と29年目となります。皆さん、このフェアー知ってましたか。知らなかった方は、是非来年は、一度参加してみてください。

 今回の目玉は、なんと言ってもあの
ベストセラー作家の養老孟司先生の講演会でした。250枚の事前の整理券に対して、応募が700名という、おそらく健康フェアー始まって以来の大人気の講演会となりました。「ばかの壁」で一斉を風靡した先生の考え方や物の見方を独特の話し方で、聞かせてもらい、普通の人とはまったく違った感性を感じることができて、とても参考になりました。しかし、話は、とても難しくてよくは理解できませんでした。

 私、宇治郷の今回の役割は、子供たちの口腔内の写真を撮って現在の虫歯や歯肉炎の状態を説明することでした。予想以上に、多くの子供たちが参加してくれて、楽しそうに写真の画像を見ている姿は、とても印象的でした。また、日曜日にも関わらず、親子連れの参加が多くて、健康に対する意識の高さを感じることができ、正直驚きました。また、こういった催しに参加して来られている子供たちは、虫歯もほんんどない子が多くて、楽しそうに参加してくれていました。長い一日でしたが、心地よい気持ちになれる一日でもありました。
 
 また今回、8020運動で、この目標をクリアーしている80歳以上のお年寄りの方の表彰や、インタビューがありました。皆さんは、「8020運動」ってごぞんじですか。80歳で20本の歯を残そうと言う運動のことです。なぜ20本かというと、入れ歯を使わずにある程度のものを自分の歯だけで食べるためには、20本の歯は、必要だろうということです。ちなみに、現在80歳の人の平均の歯の数は、6本です。
 歯がたくさん残っている秘訣を聞かせてもらいましたが、やはり、そういった方は、健康への思い入れが高く、本当に日々努力していることがわかって、歯医者としてもうれしく思いました。
うじごう歯科医院の目標は、ひとりでも多くの来院者の方が、一生涯、自分自身の歯でおいしく物を食べることができることです。そういう意味では、当院の来院者の方が、こういった催し物の中で、表彰されるようになることが大きな目標です。
 
 毎日診療室中心で、虫歯や歯周病の予防を行っている我々ですが、時にはこういったフィールドに出て行き、健康な市民の方とじかにふれあい、生の声を聴くとも重要だと感じました。当日は、当院からも
衛生士の岡部 操、妹尾 涼子、芳田 真由美の3人も参加してくれました。それぞれ感じるものがあったと思います。
 



倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500