倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
              
院長のひとり言 


          やる気が行動を変える
           ではやる気はどう起こす?

  


平成19年5月31日

こんにちは。院長の宇治郷です。

今日、昼から休診にしてスタッフ全員で「やる気が行動を変える。ではやる気はどう起こす?」というセミナーに参加しました。講師は、アビトレという会社の木下 晴弘先生です。

 たぶん皆さんは、この先生のことは知らないと思います。
 この先生は、関西の大手進学塾で子供の受験教育に力を注ぎ、生徒からの驚異的な支持を得、灘中、灘高をはじめ超難関高に数多くの生徒を合格させるスーパー先生だったのです。その後、その経験を生かして、現在では教職向けの授業開発セミナー等を開催し、学校の先生や塾の先生を教えるスーパーアドバイザー的な活躍をされている方なのです。

今回は、私の友人のしんくら歯科の藤井先生のプロデュースで、歯科医院スタッフと子育て奮闘中の奥様方を対象とした、やる気セミナーが実現しました。平日にも関わらず、なんと100人以上の方が集まっていました。藤井先生、ご苦労様でした。

 私は、ちょうど一年前に東京で開かれたシンポジウムに参加したときに、偶然この先生の講演を聴いたことがありました。その時の、講演内容の素晴らしかったこと、人に何かを伝える話術の巧みさに驚かされると共に、大変な感動を覚えたのを今でも昨日のことのように覚えています。

 今回の話の中で、やる気を起こさせるためには、とても重要なポイントがあることが分かりました。
 あれをやれ、これをやれとやかましく言っても、人は決して動かないということです。
 人がやる気になっていくためには、

 1.心を開かせる要素
 2.興味を持たせる魔法
 3.維持させる手法


 が、重要だということです。その中でも、心を開かせるということが最大のポイントで、これが一番難しいことが良く分かりました。
 相手の心を開かせるためには、まずは自分から心を開き、笑顔と元気と愛情を持って、本気で取り組むことが必要です。

 「スタッフを成長させよう。」「子供を上手に育てよう。」と思い、今までも自分なりに色々と努力はしてきたと思います。しかし、なかなか相手に上手く伝わらないという苦い経験を、たくさんしてきました。
 どういうふうに伝えたかではなく、相手にどういうふうに伝わったかが重要だったようです。その伝え方の中で、とても役に立つテクニックを教えていただきました。

 YouメッセージとIメッセージというテクニックです。

 Youメッセージとは、「君は○○だね」
 「えらいね」
 「やればできるじゃないか」
 「素晴らしい」

 Iメッセージとは、「君が○○だがら私は△△だよ」
 「君の頑張りを見ていると私も元気になるよ」
 「君が、私達の子供に生まれてくれて、とても感謝している。」


 同じように相手をほめる場合にも、YouメッセージとIメッセージでは伝わり方が違うのです。私自信は、人を褒めることがあまり得意ではありません。しかもほめるときは、ほとんどYouメッセージで褒めていました。これでは伝わるはずがないですよね。目から鱗の感じでした。
 相手のことを心から認めてあげ、その人の存在価値を実感させてあげることが重要だと思いました。そして、それを効果的に伝えるためには、感動というスパイスが必要なことがわかりました。僅か2時間という短い講演でしたが、とても多くのことを学び、そしてたくさんの感動をいただきました。自分に足りないものが、たくさん見えてきた一日でした。

 ちなみに私個人としては、来月と再来月に、この先生の話を広島まで聞きにいく予定です。もしも、皆さんもチャンスがあれば、是非、木下先生の話を聞いてみてください。講演終了時に半分ぐらいの人が涙する講演会は、なかなかないと思いますよ。

          

             感動の一日を終えた 宇治郷 好彦  









倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500