倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
              
院長のひとり言 


             10年一昔


平成19年2月17日

こんにちは。院長の宇治郷です。

 先週の連休(2/11,12)に大学の同窓会に参加してきました。岡山大学歯学部を卒業したのが、なんと20年前。今回は、節目の、卒後20周年の同窓会でした。

 
 10年前に一度地元岡山で開催されてから、10年ぶりに神戸のポートピアホテルに約40名の同級生が集まりました 

   


 時々、小学校、中学校、高校の同窓会に参加しますが、その時いつも感じることは、「みんなエライ年をとったな。ホントに自分と同じ同級生か?」というものでした。しかし、不思議なことに今回の同窓会では、みんなほとんど変わっていませんでした。冷静に考えてみれば、卒業したときは、すでに若い人で24歳ですから、そこからそんなに大きな変化があるはずがありません。少し太ってお腹が出たり、頭が薄くなってはいたものの、みんなの懐かしい顔を見ると、気分は20年前の若かりし時にタイムスリップしたようでした。


 当たり前の事なのですが、集まった人はみんな歯医者なのです。日本全国から、この日のために集まって来てくれました。

 分院をどんどん作って活躍している奴、仕事以外に不動産投資に精を出している奴、今は家庭に入って仕事は少し休憩している奥様方、大学に残って研究を
バリバリしている奴、地道に自分の歯科医院を経営している奴、まったく歯医者を辞めてしまった奴いろいろな奴らが集まってきました。

 いろいろな20年の過ごし方があったのだなと改めて感じながら、昔を懐かしんで思い出話に花を咲かせました。次回の同窓会の開催については、「10年後では何人かは生きてないかもしれないな」という不吉な話をしつつも、みんなで再会を約束して短い一日を終えました。


私自身、歯医者になってからの20年を振り返ってみると、

  
卒業後大学院で過ごした4年間

  大学の医局で研究をしていた4年間

  地元倉敷の地で、自分の診療室を開業してからの12年間


 アッという間の20年でした。机の中を整理してみると、当時の写真が何枚か見つかったので昔を懐かしんでみました。


 
1.大学院で研究していた4年間
 

 みなさんは、ご存じないかと思いますが、私は大学卒業後4年間、岡山大学歯学部大学院で専門的な研究に日々明け暮れていました。昼間は、大学病院で診療し、その後、夕方から夜の10時、11時まで、自分の学位論文の研究に没頭していました。
 4年間という長いようで短い期間の中で、「こつこつ」地道に研究することの苦手な私は、いつも学会発表の締め切りと、論文作成の締め切りに追われていました。しかし、今にして思えば、物事を考える基礎、本や論文を読む習慣、人前で発表する度胸と、色々なことを学ぶことが出来た4年間だったと思います。
 大学院の最後の一年は、朝の9時から夜中過ぎまで、平日も日曜日もなしという毎日実験という、チョーハードな日々を送りましたが無事に学位論文の取得が出来ました。
 
  
  
大変世話になった後輩の長尾先生夫妻     「こつこつ」実験している寂しそうな後姿
  

 2.大学の医局で過ごした4年間


 大学院を卒業後、歯科保存学講座という医局で、さらに4年間、研究と臨床、そして歯学部学生の教育に時間を費やしました。
 正直言ってこの時期は、私にとっては結構楽しい日々でした。学位論文を書かねばならないというような厳しいノルマもなく、医局の先生方と楽しく、日々研究と
臨床に励んでいました。年に何回かある学会発表も国内だけでなく、外国でも発表する機会が何度かあり、とても緊張しながらも良い経験ができました。また、なんといっても、インストラクターとして、後輩の歯学部学生と一緒に過ごした時間はかけがえのないものでした。

  
         医局の先生方と                     学会会場にて


  
        お世話になった教授と               後輩の歯学部学生に囲まれて


 3.歯科医院を開業してからの12年


 振り返れば、がむしゃらに突っ走った12年でした。病院作りに対して、ほとんどビジョンももたず、「頑張れば何とかなるさ」という気楽な気持ちでスタートした気がします。しかし、開業当初は自分のやりたいこともはっきりせず、患者さんの数も少なく、ホントに苦労したことが昨日のように思い出されます。しかし、私を常に支えてくれたスタッフや家族、私を見捨てずに着いてきて下さった患者さんのおかげで、なんとか今日までやってこれました。
 今は、自分のやりたい病院作りや、進むべき方向性、そして、自分達が果たさなければならない職務についての明確なビジョンがあります。私自信が、歯医者として、どれだけのことが出来るかはわかりませんが、私を信頼して来院してくださる患者さんのために精一杯の努力をしていきたいと思います。
 ちょうど歯医者としては、折り返し地点を曲がったところだと思います。これからの20年は、今までの20年よりも、もっと早い気がします。残された時間をいかに過ごすかをじっくりと考えたいと思います。


   20年ぶりの同窓会で昔を懐かしんでいる 宇治郷 好彦








 



倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500