倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
   
院長のひとり言 


   開業って大変ですね・・・見学あれこれ・・・

   
H18.6.30

 こんにちは。院長の宇治郷です。

 ワールドカップのベスト8が出揃いました。今回のワールドカップは、予想通りの強豪が順当に勝ち上がってきました。やはり、南米のブラジル、アルゼンチンは強かった。しかし、何といってもヨーロッパのサッカーのレベルはたいしたもんだなと感じる大会になりました。それに引き換え、アジアのレベルは残念ながら、かなり低かったようです。昨日と今日は、ワールドカップの試合が休みのため、今、院長のひとり言を書いています。また、7月9日の決勝戦が終わるまでは、サッカー観戦の長い長い一日が始まります。できれば、決勝戦で、ブラジル対アルゼンチンの試合が見てみたいものです。



 話は、変わりますが、最近、時々見学の先生が来られます。


開業前で、今自分のやりたいことはあるが、現在の勤務先でやっていることが少し違っていて、実行することができなくて悩んでいる先生。

開業したばかりで、開業前に考えていた理想と現実が、違うことが少しずつ分かってきて、悩んでいる先生。

開業して、3-4年経ち、それなりに順調に行っているが、新たな飛躍を考えて悩んでいる先生。



 特に当院に、見るべきものがあるとは思いませんですが、貴重な時間を使って見に来てもらえるだけでも少しは進歩しているのかもしれません。できるだけ暖かくお迎えしたいと思っています。振り返ってみると、私もよく他院へ見学に行かせてもらいました。


 講習会等で講演をされている有名な先生、同じ勉強会で活躍している先生、バリバリやっている同級生、わくわく楽しい歯科医院づくりを頑張っている先生、いろんな所へ行きました。最近、歯医者の友人と話をすると、頑張っている人は、ほとんど例外なく他院の見学を積極的に行っています。しかも、院長のみではなく、スタッフも一緒に連れて行かれているようです。岡山県内のみならず、大阪や東京、場合によっては仙台までも行っているようです。(逆に、とんでもなく危うい経営状態になって慌てて、他院見学へ行っている先生の話も聞きますが、すでに手遅れかもしれません・・・)


 
「自分の医院を、もっとよくしたい」という気持ちが強ければ強いほど情報収集は必要だと思います、その中で、もっとも有効な手段の一つが医院見学だと思います。歯科界で、最近流行の経営コンサルタントのI氏の勉強会では沢山の宿題が出ます。その中の一つに他院の見学という項目が、必ず入っているそうです。
 私も開業する前は、何件かの先輩の歯科医院を見学させていただきました。しかし、当時は、診療室の間取りや、置いてある道具、診療の技術を見に行っていただけで、上っ面のものしか見ていませんでした。しかし、最近では、見学させてもらう病院ごとに、最初から『何をその医院で見てくるのか」というテーマを持って見学をさせてもらっています。その病院の優れたシステムや患者サービス、院長やスタッフの方のコミュニケーション能力や仕事に対するモチベーション、医院の理念や文化といったものを感じ取りたいと考えています。少し、おおげさになってしまいました。


 先日、大阪から私が所属しているCHP研究会の代表である諸井先生が見学に来られました。この先生は、ヘルスプロモーションという考え方を全国に広めたいということで、CHP研究会を設立されました。私自身、4年前に、この先生と出会って大変大きな変化がありました。もしかすると、現在のうじごう歯科医院に一番大きな影響を与えた人かもしれません。そして、現在は、大阪の歯科医院の院長である傍ら、神戸大学の経済学部の大学院の学生で、

歯科医院における
 
・人の生涯にわたる発達
 ・リーダーシップ
 ・モチベーション
 ・組織運営

 
などを研究している、少し変り種の先生です。詳しい内容が知りたい方は、当院のリンク集から、諸井歯科クリニック(文の里歯科クリニック)のホームページに入ってみてください。
 この先生の見学の目的は、大学院の卒業論文の作成のため、色々な歯科医院を見学して、

 
・組織へのコミットメント
 ・仕事の面白さ
 ・職場でのコミュニケーション
 ・来院される患者さんとの関係
 ・医院の基本理念の理解度


などの内容について、スタッフや患者さんへのインタビューを通して、その実態を調査をすることのようでした。
 

 全く、この調査結果は、私自身知らされていませんが、スタッフの意識はどのレベルなのか? 医院の基本理念は十分に浸透しているのか?スタッフは楽しんで仕事をしているのか? また、患者さんは、当院に対して満足してくれているのか? また、どんなことを求めているのかなど、院長としては大変興味深いものです。


 私自身は、考えてみれば、最近、他院の見学にあまり行っていません。色々な歯科医院の見学をして、良いところを見習ったり、参考にすることは大切なことですが、まねてばかりいてもしょうがないと思います。今年は、あまり人に影響されること無く、一年ゆっくりと腰をすえて、自院の風土、文化を創っていきたいと思います。



  少し小難しいことを考えている  宇治郷 好彦  


倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500