倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
   
院長のひとり言 



     
日本のワールドカップは終わりました
H18.6.18

 こんにちは。院長の宇治郷です。

 4年に一度のワールドカップがドイツで開催されています。何を隠そう、私は大のサッカー好きなのです。ワールドカップが始まってからというもの、ほとんど毎日夜中過ぎまでサッカーの試合を観戦し、ほとんど毎日寝不足です。

 日本の入ったF組は、優勝候補のブラジルはいるものの、クロアチア、オーストラリアは戦前の予想では、日本と五分五分と言ったところで、うまくすれば決勝トーナメント進出も夢ではないと思っていました。ところが、第一戦のオーストラリア戦は、終了9分前まで1−0で勝っていたにもかかわらず、終わってみれば1−3という何とも情けない結果になりました。信じられない、惨敗です。

                

 実は、当日は試合開始の一時間前に、、息子と二人、日本代表のTシャツ(14アレックス)に着替えて、メガホン片手にテレビの前に座って気合十分でした。しかし、絶対に勝たなければならなかったオーストラリア戦を落として、がけっぷち状態となりました。日本中が、失望して、予選敗退はほぼ決定的という雰囲気でした。私自身も、「もう、これで3連敗だ。予選敗退だ。」と思いました。しかし、元日本代表のカズこと三浦選手の、「まだ一試合が終わったばかりじゃないか。ワールドカップは、お祭りなのだから結果を気にせず、もっと楽しまなければいけないよ」と言う前向きなコメントに勇気付けられ、気分を変えて第二戦のクロアチア戦に臨みました。
  
              
    
 前回日本代表のTシャツで応援して負けたため、今回はブラジル代表、しかもロナウジーニョのTシャツで応援することにしました。この日は、父の日で家族みんなで食事に行きました。美味しいおすしを食べて、一杯飲んだら、知らないうちに睡魔が襲ってきました。しかし、何とか家族に起こしてもらい、気を引き締めて試合に臨みました。しかし、結果は引き分け。内容的には、勝つチャンスはあったものの、完全な負けゲームでした。
 
 
 これにて、ニッポンのワールドカップは終わりました。

 決勝トーナメント進出には、ブラジル戦に、2点以上の差をつけて勝てば可能性は少しは残っているものの、ほとんど非現実的な感じがします。
 私なりに、今回の結果の原因を考えてみると、「日本選手には、何が何でも絶対勝つ」という気力の欠乏を感じます。フォワードの決定力のなさは、今に始まった問題ではないので、あまり気になりませんが、この気力のなさは、少し寂しく感じます。

 ほぼ同じ実力と思われる韓国代表はどうでしょうか?第一試合のトーゴ代表には勝利し、そして第二戦では、優勝候補のフランスとも引き分けて、現在G組1位です。韓国代表の試合を見ていると、実力以上の気力を選手からも、そして応援のサポーターからも感じるのは私だけでしょうか。何かワールドカップの試合を見るたびに、日本人に足りない国民性や愛国心と言うものを強く感じるのは私だけでしょうか?いろいろと考えさせられます。

 あとは、ワールドカップはお祭りですから最後のブラジル戦を楽しんで散ってもらえばよいと思います。今年のワールドカップは、優勝候補と呼ばれるチームが本当に強くて、どこが優勝するか、全く予想がつきません。私的には、ブラジル、アルゼンチン、スペイン、オランダのいづれかだと思います。あとは、気楽に観戦したいと思います。

 
さてここで問題です。

            

私が着て応援しているロナウジーニョのTシャツで何かおかしいところはないですか?これが分かる人は、相当のサッカー通だと思います。

・・・・・
正解は、現在の彼の背番号は、11番ではなくて10番なのです。

 何を隠そう、このTシャツは4年前の日韓大会のブラジル対ドイツの決勝戦を横浜に見に行った時に、ブラジル応援用に購入したものなのです。当時、まだロナウジーニョはあまり有名ではなかったのですが、なにかピント来るものがあってこのTシャツを購入しました。4年後の現在、彼が世界ナンバーワンの選手になっているとは、その時は夢にも思いませんでした。
 4年前の日韓協賛のワールドカップの決勝戦を自分の目で見れた経験は、私の数少ない自慢の一つです。今後、ワールドカップの試合を直接見ることは難しいとは思いますが、おじいちゃんになってからでも良いのでチャンスがあれば是非、また見に行きたいと思います。


   子供のようにワールドカップを楽しんでいる  宇治郷 好彦  


倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500