倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
  
院長のひとり言 



           名門とは?
H18.4.30

 こんにちは。院長の宇治郷です。

 とうとう待ちに待ったゴールデンウィークがやってきました。皆さんは、いかがお過ごしですか?私は、4月28日の夜から二泊三日で九州の博多に行ってきました。

 家族をほって、倉敷の歯科医師会の先生方と「親父ばかりのゴルフツアー」へ行ってきました。なかなか予約を取ることができないと言われている名門のゴルフ場「古賀ゴルフクラブ」でプレイをしてきました。

 ゴルフ場は、50年以上の歴史を持つ名門で、シーサイドの松林に囲まれたグリーンのとても難しいゴルフ場でした。海からの風をさえぎる松の木は、とても立派で、フェアーウェーもバンカーも、そしてグリーンの仕上がりも文句ないものでした。驚いたことは、乗用カートは2〜3台しかなく、ほとんどのプレイヤーは歩いていました。そして、OBを打った時は、すべて打ち直しで、プレイング4などはありませんでした。

 カートに乗らず、すべて歩いてプレイしたのは、5年ぶりかもしれません。松林探検隊の私は、ほとんどフェアウェーを歩くこともなく、松林の中をひたすら歩いていた気がします。もしこれが秋だったら、マッタケ狩りができたかもしれません。グリーンもとても難しく、3パットのオンパレードでした。しかし、天気もよく、同伴の友人とも楽しくプレイができ、とても満足の一日でした。

 しかし、ここで少し考えたことがありました
。事前にもらった、ゴルフ場のパンフレットを読むと、以下のようなことが書いてありました。
 
  
当ゴルフ場は大変歴史のあるゴルフ場で、ご利用のお客さんは、身だしなみに気をつけて紳士たる行動をしてくださいというような内容だったと思います。
 
 
例えば、上着を必ず羽織ること
       プレイ中は、帽子を必ずかぶりプレイすること
       必ず、襟付きの服を着ること
       クラブハウス内では、帽子を取ること
       クラブハウス内では、大きな声でしゃべらないこと
        ・・・・
        ・・・・
  何か、こんなことが沢山書いてありました。


 さすがに名門ゴルフ場は、礼儀には厳しいのだと思い、いつもより少し緊張して出かけました。しかし、逆に、それだけ厳しい名門のゴルフ場のスタッフの接客やもてなしは、どんなにすばらしいのか、見てみることも今回のゴルフ旅行の楽しみの一つでした。

 ゴルフ場につくと、駐車場には外国の高級車がずらりと並び、他のプレイヤーを観察すると、なにかどことなくハイソな雰囲気がしていた気がします。
 しかし、クラブハウスへ入って見ると、想像とは少し違った小さな古い受付、そしてあまり愛想の良くない二人の女性。
「え、なにか違うぞ?」という予感がしてきました。

 そして、ロッカーロームは、なんとびっくり。最近では、見ることのできないような古いステンレスのロッカーでした。同行のO先生が、「名門のゴルフ場は、こんなところへ無駄なお金はかけんのんじゃー」という、説明に妙に納得した私でした。そして、着替えを終えて、練習場へ行く途中、支配人らしき人に出会った。  向こうから

「おはようございます。どちらからおいでですか。今日は、しっかり楽しんでくださいね。」

という挨拶を期待していたが、そんな雰囲気は全くなし。せめて、「おはようございます。」の一言ぐらいは、言って欲しいものだった。
「トップの人の態度がこれでは、・・・」

 前半を終えて、マスター室へ帰ってきたら、普通のゴルフ場でも当たり前のように、「お疲れ様でした。午後のスタートは、何時何分です。」とにっこり笑って、話しかけてもらえるはずが、ここでは、担当のキャディさんから時間を告げられただけで、マスター室のスタッフからは、「お疲れ様でした。」の一言もないばかりか、こちらを見てもいなかった。
「まったく、信じられない」


 お昼休みの食事タイムで、レストランの人におススメ料理を聞いてみた。ここのおススメは、鯛茶付けとの事なので、それを注文してみた。鯛の刺身に胡麻ダレがかけてあり、どうやらそのまま熱いご飯にのせて食べてもよし、またお茶をかけて食べてもよいみたいだった。食べ方が良く分からない我々は、少し困惑した。普通のレストランなら、一番美味しく食べれるように食べ゙方ぐらいは説明してくれるはずなのに、この名門ゴルフ場では、全くなし。
「せっかくの名物料理を、美味しく食べさせたくないのか?」

 満足のいく接客とは、程遠い、まったくの期待はずれのゴルフ場でした。

 最近よく、一流ホテルの接客やディズニーランドのサービスについての本を読んだり、経験したりして、他の職種のサービスに興味を持っている私にとって、今回の「名門ゴルフクラブ」の接客には、少し驚かされました。ゴルフ場は、本当にすばらしいものでした。しかし、ゴルフだけしにきた人ばかりではないと思います。楽しい一日を過ごすためには、そこで働くスタッフからも、一流のそして名門の名に恥じないサービスを受けたいと感じた一日でした。50年と言う伝統に胡坐をかいて顧客満足をおこたっていたら、今の厳しい時代を生き残っていくことはできないと思います。色々と考えさせられることの多い一日でした。

 最後になりましたが、この九州の旅は、よく遊び、そしてよく食べ、そしてよく飲んだ、とても楽しいものでした。しばし、日常のストレスを忘れ、楽しめた旅行でしたが、とても疲れの残った三日間でした。



残りのゴールデンウィークは家族サービスする予定の 宇治郷 好彦


 
      


倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500