倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
 
院長のひとり言 



           今日は何の日?
H18.4.14
 こんにちは。院長の宇治郷です。

今日は何の日か、ご存知ですか?これが答えられる患者さんがいたら、大感激です。しかし、これに答えられないスタッフがいたら、大ショックです。

なにを隠そう、
うじごう歯科医院の開院記念日なのです。

            

              
スタッフからお祝いのお花を頂きました。


 平成7年4月14日(金)にうじごう歯科医院は開業しました。縁起をかついで、大安の日を選んで開業日に決めたのですが、その日は大雨でした。私の大切な日や勝負の日は、必ず雨で、家族やスタッフからは「雨男」と呼ばれています。

 
患者さんは、来てくれるだろうかという不安の気持ちと、大丈夫きっとうまくいくよという気持ちとが入り乱れての開業でした。

 初日は、調べてみると12人の患者さんが来てくれました。(しかし、そのうち7人は身内と工事関係の人でした。)それでも、なれない私達は、アップアップで、今考えれば、診療内容も、接客レベルも、サービスの内容もとてもひどいものでした。しかし、
「患者さんのためになる治療をしたい。」という気持ちだけは、今も当時も代わっていなかったと思います。月日の流れるのも早いもので、11年が経過してしまいました。

 今日は当時を振り返って、昔と今とのうじごう歯科医院の違いを考えて見ました。

1.院長が年を取った。

 当たり前のことですが、当時33歳の若かった青年歯科医師も、今では少し腹の出た、正真正銘の中年歯科医師になりました。
 しかし、歯科医師としての技術や知識、そして経験は格段に進歩したと思います。また、自分の目指す歯科医院についても、はっきりとしたイメージが固まりました。

2.病院が少しだけ古くなった。

 これも考えてみれば、当たり前かもしれませんが、2年前に改装したことや、スタッフがいつも頑張って、きれいに掃除してくれているため、12年目の歯科医院には見えないと思います。もしかすると、昔から来てくださっている患者さんの中には、今のほうがきれいと感じている方もあるかもしれません。
 建物は、時が経てば少しずつ古くなっていきます。しかし、開業当初よりも今のほうが、来院される方にとって、はるかに暖かい雰囲気の病院になってきたと思います。

 
私は、かねがね自分の目標の一つに、しっかりとした医院の風土、文化を作り上げたいと考えています。

 具体的には、来院された方が、当院の目指す歯科医療を自然に感じ取ってくれて、安心して通える歯科医院、そして自分の口腔内の健康を守るパートナーとして、当院を選んでくれるような、そういった風土、文化のことです。まだまだ完成の域までは達しているとは言えませんが、最近では、少しずつですがゴールが見えてきた気がしています。

 医院の風土、文化を作るためには、努力と時間が必要です。

3.治療方針が大きく変わった。

 開業した当時は、明らかに治療中心の歯科治療を目指していました。いかにして、多くの患者さんの診察をするかを考えていた気がします。しかし、だんだんと考え方が変わってきて、治療中心から、予防中心の歯科治療へと大きくシフトしてきました。その結果が、2年前の改装時の予防専用ルーム(メインテナンスサロン)の設置です。メインテナンスサロンを作るために、病院内から、院長室もスタッフルームもなくなりましたが、まったく後悔していません。患者さんのメインテナンスサロンへの反応もまずまずのようです。
 
 
我々歯科医師の本当の仕事は、虫歯や歯周病の治療をすることではありません。患者さんが、虫歯や歯周病にかからないように予防して、健康な生活を送るお手伝いをすることこそが、我々の本来の仕事だと思います。

4.スタッフがとても成長した。


 最近スタッフの成長に驚かされると共に、その頑張りにとても感謝しています。開業当初は、患者さんに配る印刷物、パンフレット、サブカルテ、そして掲示板の内容まで、すべて私ひとりで作っていた気がします。しかし、最近、これらの仕事を全くしていないことに気がつきました。
 当院スタッフの仕事は、他の医院のものより、はるかに多くて、大変だと思います。2〜3ヶ月ごとに変わる掲示板、患者さんに配布する院内新聞、患者さんの状態や診療内容を克明に記録したサブカルテ、心温まる母の日やクリスマスのイベント、ホームページの管理、ピカッ子クラブの運営等、数え上げればきりがありません。しかし、最近では、そのほとんどを彼女達が自主的にやってくれています。すべて指示していた開業当初から比べると、何と言う進歩でしょうか。 
現在のうじごう歯科医院があるのも、すべて彼女達のおかげだと思います。なかなか、口に出して褒めたり、感謝することの苦手な私ですので、この場を借りて
「スタッフのみなさん、ありがとう」 と言いたいと思います。

5.悩みや問題点がどんどん増えてきた。

 開業から11年、かなり進歩してきたと自負しているのに、医院も私も、どんどん悩みや問題点が増えてきています。
 残り少ない私の髪の毛もストレスのためになくなる日も近いことでしょう。やればやるだけ、新たな悩みや問題点が生まれてきて、尽きることがありません。歯医者を辞めるその日まで、いつになっても決してなくならないことでしょう。
 しかし、新たな悩みや問題点が、出てくるからこそ、改善点が見つかり、より患者さんのためになる歯科医院作りができるのではないでしょうか。そして、我々スタッフ一同も、それを克服していくことにより、ますます成長することが出来るのだと思います。
 
悩み、問題点と考えずに財産だと考えれば、楽しくなると思います。


 長々と書いてみましたが、うじごう歯科医院は、人間で言うと、皆さんの力を借りて、やっと成人式を迎えた新成人ぐらいだと思います。今後、いかに大人として生きていくか、また進んでいくかを考える時期だと思います。色々と悩んだり、壁にぶっかったりしながら、ますます発展していければと思います。
 今後とも、皆さん、我々を暖かく見守り、そして育ててください。


      やっと成人式を迎えた うじごう歯科医院と
       人生の折り返し地点を回った 宇治郷 好彦


 
      


倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500