倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
                                       

院長のひとり言 

      大変なことが起こっています
   

平成23年3月24日


こんにちは。院長の宇治郷です。

去る3月11日東北地方で大変な地震が起こりました。

神戸淡路大震災を経験したのが、16年前。

まさか、日本でこれ以上の地震に遭遇するとは、思ってもいませんでした。


診療中の3時頃。ひとりの男性が来院。

「先生、今、東北地方でどえらい大きな地震があったんよー。」

「これから、大津波が来るそうなんよー。」

まったく状況を理解しないまま、テレビのスウィッチを入れてみました。


ライブ映像で、どこかの漁港が映っていました。

船が、波にどんどん流され、防波堤に激突。

大きな船から、小さな船まで、まるで映画のシーンを見るかのようでした。

直感的に、大変な被害が出るなと感じました。


診療が終わった7時以降にテレビをつけて見ると、

次から次へと被害の状況が報告され始めていました。

しかし、その時は、ここまでの大災害になっているとは、思いませんでした。


津波の怖さをまざまざと見せられました。

自然恐ろしさを痛感しました。

人間の命のはかなさを思い知らされました。

現在の地震予知技術の低さに驚きました。

自然の前では、人間は無力であることがわかりました。


それから後の、被害状況は皆さんの知っている通りです。

亡くなられた方や、行方不明の方、また被害に遭われた方に

心よりお見舞いを申し上げます。


まだ、余震も続き、安心できないところに、福島原発の事故が続きます。

原子力発電という便利さと、陰に隠れる危険性とが、

紙一重であることを体験しました。

原子力の怖さも再認識しました。

いや、本当の怖さを知るのはもう少し先かもしれません。


早く、発電所事故が解決し、事態が収集へ進めばと思います。

復興へ向けてのスタートが切れたらと思います。


この地震以来、日本中で、いや世界中で支援の輪が広がっています。

私自身も、ずっと何かできることはないかと考えていました。



あることをキッカケに、ある行動を起こしました。



実は、3月19日からグァムへ医院旅行に行くことになっていました。

こういった大震災が起こり、多くの方が亡くなり、

事態の収集もついていないこの時期に、

旅行に行くべきか、止めるべきか正直迷いました。


昨年10月に旅行会社のミスで、出発直前に中止となり、

再度、気を取り直して準備していた医院旅行。

日頃のスタッフの頑張りに報いるために計画した医院旅行。

ずっと楽しみにしていたスタッフ。


さんざん悩んだ末に、行くことを決定しました。

こんな時期に行くことは、非常識かもしれません。

皆様から批判を受けるかもしれません

最期は、私の判断で決断しました。


しかし、出発直前になっても、やましい気持ちが残っていました。

そこで、ある提案をスタッフにしました。


今回旅行に参加するスタッフで、お金を出し合って、

被災地に義援物資として歯ブラシを送ることを提案しました。


お土産代やショッピング代を少し節約して、歯ブラシを購入し、

被災地へ送ることにしました。

その数、2000本。誰一人、反対する人はいませんでした。


これで、旅行に行く、大義名分が立ったわけではありません。

いくらか、我々の気持ちが軽くなっただけのことです。


旅行出発の前に、歯ブラシを注文し、昨日発送しました。

        



    


             


段ボール箱にして、2箱。かなりの大きさになりました。

スタッフそれぞれが、箱に、メッセージを書き、被災地へ送りました。



被災地では、食料や水。衣類や下着。ガソリンや灯油。

医薬品に衛星用品。


ないものはたくさんあります。


しかし、我々歯科医療従事者ができる貢献は、歯ブラシですよね。

こういう時だからこそ、健康には気をつけていただきたいと思います。

「口は健康の入り口」と言われます。

歯ブラシで、その入り口の清掃を頑張ってください。



まだまだ、東北の地は寒く、大変だと思います。

健康には、十分に注意してください。


「決してやまない雨はない。必ず晴れ間が現れる。」

誰かが、こんなことを言っていました。

もうすぐそこに、春は近づいてきています。

是非、頑張ってください。

ほとんど災害に遭うことのない、岡山県に住めることに

感謝したいと思います。




  医院旅行に行くかどうかでかなり悩んだ   宇治郷好彦






倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500