倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
                                       

院長のひとり言 

   やってくれました ザックジャパン
   

平成23年1月30日

こんにちは。院長の宇治郷です。

この1カ月間、寝不足になりながら興奮したアジア杯が終わった。

予選リーグから、楽な試合はなく、冷や冷やの連続だった。


しかし、アジア杯決勝(日本1−0オーストラリア)

ザック・ジャパンが歓喜のVだ!!

延長から途中出場したFW李忠成が、後半4分に殊勲の決勝弾。

ザッケローニ監督f就任依頼、負けなしでアジアの頂点に到達した。

   



今回のアジア杯での監督の采配は、ことごとく的中した。

最初は大丈夫なのかと心配していたが、蓋を開けてみると、

退場者が出たり、故障者が出たりと、大変な内容の試合が

多かったにもかかわらず、控え出場の選手が結果を出した。

こんなに短期間で結果をだした監督が凄いのか、

それとも本当に日本代表のレベルが上がったのかは、まだ分からない。

しかし、なにか日本代表の試合運びが変わってきた気がする。


決勝点を決めた李選手は、

 
「最高です。ずっと出られず待ち続けた。うれしい。ヒーローになろうと思っていました」

と語り、強いモチベーションを保っていた。


MVPに輝いた、本田選手は、ワールドカップのように点は取れなかったが、

相変わらず

PKをはずしても、私はやはりもっている。」

と大口をたたいていた。


なにか、みんなが萎縮せずに、のびのびとプレーしていた。


一年前の、日本代表の試合は、ひどいものだった気がする。

いつも新聞やメディアにたたかれていた。

オシムから急遽変わった岡ちゃん。

なにがやりたいのか、まったく私にはわからなかった。

結果的には、ワールドカップで守りに守り、なんとか結果を出したが、

あまり楽しい試合はなかった。

しかし、ワールドカップを機に、海外移籍の選手が増えて、色々な経験をつみ、

素晴らしい選手達が出現した。


何といっても、ドルトムントで活躍していた、香川はすばらしかった。

今までの日本選手にない、ボールトラップ技術で、いきなりエースになった。


独りよがりのプレーしかしていなかった本田のプレーも変わってきた。

かっての中田英寿のようなキラーパスとゲームメイクが出来るようになった。


ゴールキーパーの川島は、時々ちょんぼはするが、決勝の試合は最高だった。


泥臭いプレーでヘッドを得意とする岡崎は、いつも頑張っていた。



キャプテンとしていつも冷静にプレーする長谷部は、高感度抜群。


ゲゲの鬼太郎のような、遠藤もベテランの味を出していた。


しかし、私が思うMVPは、長友に決定。

彼の体力は、他の選手よりずば抜けていた。

試合の後半になっても、まったく疲れ知らずで走り回る彼は凄かった。

準決勝の後半、責められ続けて全く走れなくなった日本代表の中で、

彼だけは違っていた。

テレビの前で、気がつけば、長友の名前を常に叫んでいた。


他の選手も皆良く頑張ったと思う。


レギュラーも控えも皆で頑張っていた。皆で掴んだチームワークの勝利だった。


日本代表の目指すプレーがわかったような気がした。

このチームのサッカーが、何か今までとは違って楽しい気がした。

これから更にどんなスターが出現するのか楽しみな気がする。


明らかに、昨年までとは違った若い選手による新チーム、

どんな風に強くなっていくか、目が離せませんね。

サッカー解説者になったような気分で、この原稿を書いています。


感動するゲーム、最高の結果をプレゼントしてくれた、

日本代表とザッケローニ監督に感謝したいと思います。
 

そろそろ、日本でもJリーグの開幕です。

今年も、ファジアーノ岡山を応援する為、シルバースポンサーになります。
l

カンスタで、皆さんお会いしましょう。

今年の開幕戦の相手は、あのFC東京ですよ。



日本代表に感動をもらった 宇治郷好彦







倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500