倉敷市にある歯科医院

倉敷市の歯科 うじごう歯科医院 ■診療時間
 平日 9:00-12:30、2:30-7:00
 土曜 9:00-12:30、2:30-5:00
■休診日
 日曜日、祝日




⇒院長の独り言バックナンバー

⇒スタッフの独り言バックナンバ

⇒TOPICSバックナンバー
うじ号新聞


 うじごう歯科医院
 〒710-0016
 岡山県倉敷市中庄414

 TEL 086-463-6500
 
                                  

院長のひとり言 



 ホノルルマラソン報告

   

平成21年12月19日


こんにちは。院長の宇治郷です。

一週間の休暇から、帰ってきました。

皆さん、色々とご迷惑をお掛けして、すみませんでした。

しかし、なんとか今年最大のチャレンジを終えることが出来ました。


12/13(日) ホノルルマラソン夫婦で無事完走。おめでとうございます。(笑)

         
42.195kmは、なんとも長い距離でした。

6時間ちょっと、かかってのゴールとなりました。

今回は、簡単にその全貌をお知らせします。


まずは、ホノルルツアー

正直、こんなに予約をとることが難しいとは、思っていませんでした。

マラソンツアー発売直後の、7月にマラソン参加を決意。

旅行会社を色々とあたりはじめました。しかし、JTBもHISも、その他ツアーも

一週間目にして、希望の日程、航空会社は、予約のキャンセル待ち状態。

初めて、ホノルルマラソンの人気の高さに驚きました。

しかし、何でもいいからツアーを取らない事には始まりません。

何とか、予約できたのは、関空発着で大韓航空のソウル乗り継ぎ便のみ。

しかも、7日間希望するも6日間のコース。

とりあえず、そのコースを押えて、キャンセル待ちをする事に。

しかし、10月になっても全く連絡なし。

ネットを検索していたら、偶然成田空港発の7日間直行便コースを発見。

最初の予約をキャンセルして、ツアーの乗り換え完了。

それから3週間後11月初めになって、キャンセル待ちしていた旅行会社から、

関空発7日間JAL直行便のツアーが取れたと、連絡あり。

またまた、ツアーの乗り換えで、希望のツアーをなんとかゲットできました。

みんなとりあえず、発売直後に抑えてしまうようです。

しかし、仕事の都合や家の用事でキャンセルもかなり出るみたいです。



ということで、12/10(木)関空よりJALにてホノルルへ。

ここで、偶然の超ラッキーが・・・

なんとネットで席指定をしたのですが、それがビジネスクラスだったのです。

多分、チャーター便で、エコノミー席だけでは足らず、

何席かビジネスクラスの席を使っていたようです。

私が予約した席が、その中の2席。偶然に感謝。

人生発の、ビジネスクラスでの海外旅行となりました。

席は、横幅、シートの質、前席との間隔、まったくエコノミーとは、別世界。

料理、サービスは、当然エコノミーと一緒。

しかし、7時間の快適な空の旅ができました。

今度は、いつビジネスクラス以上で旅行できるのでしょうか。

たぶん、その日は来ないと思います。



マラソン受付

空港到着すると、ツアー会社の人がみんなをバスに乗せて、

マラソン受付会場まで。そこで、ゼッケン等の引き返え、

初心者向けのマラソン教室、その後コースの下見、至れりつくせりでした。


         


マラソン前日の2日間

何とも快適な日々を過ごしました。

予定なし、決まりなし、時間も自由。

朝起きて、ガイドブックから見つけたレストランまで、練習がてらにランニング。

普段ならタクシーで行く距離も、今回はジョギングウェアーとジョギングシューズで

走って行く、健康的な生活となりました。

今回のマラソンコース最大の難所、ダイヤモンドヘッドへも練習に行きました。

   

天気も、景色も最高。坂道は、急ですが、とても気持ちよいコースです。

またこの地区や隣のカハラ地区はハワイでも高級住宅街で、素敵な家ばかり。

「こんな所に住めたらいいな」と夫婦で少し夢を見ました。

 

レース当日

夜中の2時に起床。

ホノルルマラソンのスタートは、早朝5:00なのです。

したがって、2時起床で、ホテルを出るのは、夜中の3時半。

外は、真っ暗ですが、いざ出陣。

                 


スタート


ホノルルマラソンでは、参加者が23,000人もいるため、

自分の予想タイムの場所へ並ぶことになっています。

私は、目標タイム5〜6時間の位置へスタンバイ。

のはずでしたが、緊張のためにスタート直後にトイレへ。

トイレを済ませてスタートしたのは、なんと7時間の位置でした。

私たちが、スタート地点を通過したのは、

レースが始まって15分も経っていました。

        

とにかく、前も見えないぐらいの人の波でした

コース周辺は、素晴らしいクリスマスの飾り付けで一杯でした。

         

スタートから、約1時間半。

午前7:00頃にダイヤモンドヘッド通過。この時が、丁度日の出となりました。

              

素晴らしい天気の中、この頃はまだ快調でした。

しかし、周りのペースが予想以上に遅く、予定よりもかなり遅れていました。

早朝にも関わらず、沿道にはボランティアの人や、住民の方が、

多く出てきてくれて、温かい声援を送ってくれました。

         

完走目的の、我々夫婦は、景色を楽しみ、雰囲気を味わい、

のんびりと写真を撮りながらの気楽なレースとなりました。

天気は最高で、気温はどんどん上がり、27℃を越え始めてきました。

やっとハーフの地点に到着。なんと3時間近くもかかっているではないですか。

この頃になると、さすがに元気もなくなり、予想通り膝に痛みが・・・

用意していた、痛み止めを飲みながら、歩くようなスピードでヨタヨタと。

丁度このあたりの区間は、折り返しのランナーとすれ違います。

すれ違う人たちは、みんな元気に見え、私の足取りは重くなるばかりでした。


         


水分補給だけは、しっかりとしましたが、かなりグロッキー状態でした。

このあたりからは、走ったり歩いたりの状態でした。

30km以上は、練習でも経験したことはなかったので、未知のゾーンに突入。

ヨタヨタの私の横で、家内はいたって元気。

練習量の差が出てきたようです。

炎天下の中、35km地点に到着。たぶん、気温は、30℃ぐらいまで上昇か。
 
          

残り7km。ほとんど、我々の周りは、歩いていました。

最後の力を振り絞りながら、走ったり歩いたりしながら、ゴール地点へ。

ゴール近くになると、応援の人も増えてきて、歩くわけにはいきません。

残り1kmに来た時、ひとり女性が大きな声で、「頑張れ」と声援を。

なにか見たことのある顔。少し考えたら思い出しました。


          

家内の横に写っている人、分かりますか。

そうです。オリンピックのマラソン銀メダリスト、有森裕子さんでした。

ゴール前でしたが、一緒に写真を撮らせてもらいました。

残り1km。声援に囲まれながら、夫婦そろってゴールイン。

6時間ちょっとの長旅でした。


なんとか、完走はしたものの、思った程の感動はありませんでした。

自分の力を充分出し切れず、無難なペースで完走してしまいました。

今の自分には、すべて走りきるだけの体力はありません。

しかし、もう少し自分と戦うことは出来た気がします。

弱い自分に負けた気がします。

もう少し、限界に挑戦する事が出来た気がします。

もう少し、ぼろぼろになれた気がします。

なにかスッキリしない、宿題を残して、

私のホノルルマラソン初挑戦は、終わりました。


           


レース直後に完走メダルと完走Tシャツをもらい、

翌日完走証をもらい、少しほっとしました。



考えてみると、2年前には、まったく走ったことはありませんでした。

初めて走った初日は、300mで敢え無くリタイア。

2ヵ月後に、2kmマラソンに参加し、レース後トイレで吐きました。

その2ヶ月後、5kmマラソンを何とか完走。

昨年末には、10kmマラソン完走。

そして、今年は、20kmの目標を大きく更新して、

フルマラソンを何とか完走(いや完歩)する事が出来ました。

今考えても、不思議゜な気がします。

まさか自分が、フルマラソンの大会に出るとは、思っても見ませんでした。



今後、走り続けるかどうかはまだ分かりません。

しかし、ひとつ宿題を残した気がします。

まだ、自分のすべてを出し切っていません。

まだ、完全な完走をしていません。

来年もう一度、国内のどこかの大会で、フルマラソンに挑戦したいと思います。

今度は、「とにかく完走」とかという生温い目標ではなく、

「5時間以内で完走」ぐらいのしっかりとした目標で走りたいと思います。

走ることは、好きではないですが、嫌いでもなくなりました。

健康づくりには、最高です。ダイエットにも、最適です。

もうしばらく、走ってみようと思います。



今回のチャレンジでは、スタッフの皆さんや患者さんにも、

色々とご迷惑をお掛けしました。

とりわけ、私のわがままに付き合ってこの2年間一緒に走ってくれた家内には、

感謝しています。

今回は、私が足を引っ張りました。次回は、もう少し練習をして

家内をいたわりながら走れるぐらいになりたいと思います。

中年オヤジの挑戦は、まだまだ続きそうです。




  とりあえず、初マラソンを終えた 宇治郷 好彦















倉敷の歯科なら うじごう歯科医院

〒710-0016 岡山県倉敷市中庄414
倉敷市立北中学校近くの旧2号線(国道429号線)沿い
TEL 086-463-6500