第23回テーマ

 
              『他職種に学ぶ』



私たち、うじごう歯科医院では、来院される皆様の口腔内を健康に保ち、
快適な生活を送っていただくため、より良質な歯科治療・サービスを
提供することを大切に考えています。

そこで今回、うじごう歯科の来院者で、ダスキンにお勤めの
「石井 康利さん」をご紹介します。

石井さんは、店舗などの衛生管理やメインテナンスをされており、
「常に現状に満足せず、より良いサービスを目指しています」
と話されていました。
この言葉に非常に感銘を受け、私たちと同じ思いで仕事に励まれている
その取り組みにスポットをあて、お話を伺いながら、
私たちも自らの仕事を振り返ってみたいと思います。



①石井 康利さんのご紹介


職業:ダスキンで、害虫駆除を中心に
    店舗などの衛生管理やメインテナンスを
    されています。

職歴:18年


石井さんは、初診時に院長から…

「歯を削って埋めることは簡単!
それよりも歯を残していくことの方が大切!!」

と言われ衝撃を受けたそうです。

それからは、4ヵ月ごとの健診に来ることで、
自分で口腔内を常に健康に保ち続けることを
目標にされています。
それと同様に、子供さん2人とも一緒に
健診に来院され、2人とも虫歯ゼロの状態を
保たれています。



②石井 康利さんのお仕事への取り組み


平成5年に設立され、お客さんのほとんどが口コミや紹介者の方だそうです。
害虫駆除やメインテナンスで契約されると、途中解約される方は少なく、
長いお付き合いができているそうです。

常に現状に満足せず、より良い商品、サービスを提供するため、あらゆる事を無駄と思わず、新たな変化にも対応し、新しいことにチャレンジされています。


☆石井さんに質問してみました☆

Q1.石井さんの思う「仕事」とは何ですか?

   「みんなが幸せになること!」
   生活を維持するだけでなく、お客さんや一緒に働く人と信頼関係で
   結ばれながら 、それぞれが自分の可能性を発揮して、
   充実した仕事ができたら最高!


Q2.仕事でのやりがいは何ですか?

   「出会い。出会いは永遠の宝物。」
   出会いの数だけお客さんも増えるし、
   思いが込められた商品やサービスは
   その思いがお客さんの心に伝わり、
   満足していただくことができます。

   「お客さんの信用。」
   お客さんの信用が高まることは、同時に社員の意識が
   高まることにも繋がります。


Q3.お客さんとは、どのように接していますか?

   「自分のできることは、すべて提供します!」
   ダスキンの理念でもある“損して得をとれ”という言葉にもあるように、
   自分のできることはプライベートの時間を使ってでも、
   お客さんの役に立ちたいと思っています。

   まずは、お客さんが抱えている問題を解決し、その後は全体をチェックし、
   その根本的な原因や他にも問題があれば見つけ出し、取り除くことで
   継続的に良い状態が続くようサポートしています。

**例えばどんなことがありますか?**


POP作りや、お客さんが経営されている
店舗にある、商品のバーコード作りにも
個人的に協力したこともありますよ(笑)

自分が知っている知識や情報は全て
提供します。

知らないことも本を読んだり、ラジオを
聞いて取り入れています。


Q4.お客さんとの信頼関係を築くために心がけていることは何ですか?

「必ず名前を名乗るようにしています。」

「約束や時間は、必ず守るようにしています。」

「押し売りは絶対にしません。
選ぶのも決めるのも、お客さん主体に考えています。」

「些細な出来事でも、お客さんのことはメモして覚えておくようにしています。」

「必ず、お客さんとのコミュニケーションノート
(会話など、やりとりを記入するノート)へ
現状と問題点・アドバイスは記入し、説明を行います。」

「お客さんのことは何でも把握できるように、情報収集しています。」

「お客さんに問題が起こったときは、すぐに対応し、
自分で何ができるかを考えて、解決できるまで考え続けるようにしています!
クレームは宝の山で、自分を成長させ、他のお客さんの要望にも
応えられるようになるきっかけです!
もし解決できない問題があれば、全力を尽くして、解決するまで
取り組み続けることが大切です。」


Q5.石井さんの思う信用できる会社とは?
   
   信用とは、真実からしか生まれてこないと思います。
   そして、真実とは日々の活動以外の何物でもないと思っています。
   今まで何をしてきたか、これから何をするかが大切!
   「今日は、過去の結果。明日は、未来の結果!」


③ うじごう歯科と石井さんの共通点


石井さんは、インタビュー中…

「自分で口腔内を管理することと、自分の店を管理するって同じこと。
虫が出てからではなく、出る前に予防していくことが大切ですよね!」
と言われていました。
驚くことに、私たち、うじごう歯科と石井さんには共通点がありました。



共通点1.予防が大切。

共通点2.現状の把握と説明。
      そして、情報提供を行う。

共通点3.主役はお客さん(患者さん)。

共通点4.問題点だけではなく全体を見る。

共通点5.信頼関係が大切。



【まとめ】

今回、石井さんのインタビューを通じて“仕事”とは毎日心がけていることの
積み重ねであり、相手に尽くし、そして、お互いが幸せを感じられるものかな
と感じました。

石井さんのお話では、私たちの考え方と共通しているところも多く、
自分たちの仕事や取り組みと照らし合わせながら聞くことができ、
とても良い機会となりました。

人は目の前のことだけしか考えないでいると、
仕事ではなく単なる作業になってきてしまいがちです。

どんな仕事にも、その先にはお客さん、患者さんの笑顔があると思うと、
毎日の一つ一つの仕事がとても大切に思えてくるはずです。

「まさか…ここまで!?」と思われる仕事。できるかできないかを
考えるのではなく、どんな思いを持って仕事をするのかが大切です!

どんな仕事にも意味があります。

うじごう歯科では、来院者の方に、より快適に、そして幸せに
生活していただけるよう、歯科という立場から心のこもった
サポート、サービスを提供していきたいと思います。



           


今回、石井さんにインタビューをさせて頂くことで、
自分が「やる気」になってくる不思議な元気をもらいました。

毎日「何かいいことないかな~」と思っているより、
自分から何かいい事を起こそうと思うようになり、
カッコ良く言えば、「自分の仕事に自信が持てる」
そんな気持ちにさせてくれた時間でした。


最後となりましたが、石井 康利さん、ご協力ありがとうございました☆
HOMEへ戻る