第5回目のテーマ「8020運動」

今回の患者さんいらっしゃいのテーマは「8020運動」です。
“8020”は“ハチ・マル・ニイ・マル”と読み、「8020運動」とは“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動です。
なぜ8020なのか・・・その理由は、親知らずを除く永久歯28本のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛みくだくことができ、おいしく食べられるからです。つまり“高齢になっても20本以上自分の歯を保ちましょう”というのが、この運動の主旨です。
今回の患者さんいらっしゃいでは、当院で8020を達成している患者さんに、
インタビューを行いました。

岸本 喜和太さん(82歳) 残存数…25本












Q1,日頃、歯のために心がけていることはありますか?

   う〜ん・・・特にない。
Q2,日々の生活の楽しみは何ですか?
   
歯医者に来て、みんな(スタッフ)の顔を見ること!
Q3,歯が多く残っていて、役立っていることはありますか?
   
シワイ物を食べるときには、やっぱり噛めるからよい。
Q4,歯を残すために努力したこと、または何か秘訣はありますか?
   
よく噛んで顎を使うようにした。あとは自然の成り行きかな(笑)。

岸本さんは、2ヶ月に一回定期的に歯医者に来て下さり、頑張ってケアーされています。いつも元気に話をしてくださるので、私達スタッフも岸本さんが来て下さるのを楽しみにしています。



西江 益子さん(88歳) 残存歯…26本


Q1,日頃、歯のために心がけていることはありますか?
   歯磨きは朝・昼もしますが、寝る前の歯磨きは欠かせ
   ません!!やらないと気持ち悪くて寝れないんです…。
Q2,日々の生活の楽しみは何ですか?
   
以前、編み物や縫い物の先生をしていて、ひ孫の服
   などを作ってあげることです。

Q3,歯が多く残っていて、役立っていることはありますか?
   
硬いものが何でも噛めることです。
   友人が親切でやわらかい煎餅を送ってきてくれるのですが、
   歯ごたえがなくて…。硬い煎餅が大好きです!!

Q4,歯を残すために努力したこと、または何か秘訣はありますか?
   
努力したつもりはないけど、毎日の歯磨きですかね。
   こまめにすることが大切だと思います。

いつもお元気な西江さん。元気の秘訣はきっと好きな事をして、好きな物を不自由なくいっぱい食べるとこにありそうです!とても素敵な生活を送られていて羨ましいです。




岸本 清子さん(82歳) 残存歯…23本


Q1,日頃、歯のために心がけていることはありますか?
   歯磨きをしかっりする様にして、気になる事があればすぐ歯医者に
   行くようにしていた。
Q2,日々の生活の楽しみは何ですか?
   
日頃はテレビの虫になっています…。
    特に、お笑いとサスペンスは欠かせません!!

Q3,歯が多く残っていて、役立っていることはありますか?
   
おかきとか豆類が好きなので、しかっり噛めるという事。
Q4歯を残すために努力したこと、または何か秘訣はありますか? 
   
気がつけばすぐハミガキをしています。
    ある程度歳になってからはカルシウムをたくさん取る様にしています。

岸本さんは歯や口の中に対し、すごく気を使っており、定期健診には欠かさず来て下さいます。日頃のハブラシ!!やっぱりこれが一番大切の様です!!



水子 一さん(81歳) 残存歯…25本


Q1,日頃、歯のために心がけていることはありますか?
   朝と晩、必ず歯を磨くこと
Q2,日々の生活の楽しみは何ですか?
   
何でも、おいしく食べられること
Q3,歯が多く残っていて、役立っていることはありますか?
   
しっかり食べられること。イワシも頭から骨まで食べられる
Q4歯を残すために努力したこと、または何か秘訣はありますか? 
   
@カルシウムをとるようにする
    A食べた後には、歯を磨く。
磨いた後には、食べない

水子さんの家では、昔、お菓子を作っていたそうです。そのため乳歯のときはムシ歯だらけで歯なしだったという水子さん。それ以来、甘いものは控えるなど、歯を大切にする努力をされています。
今後、8020を目指している方々に「魚は骨まで、しっかり噛んで食べること」「朝・晩、歯を磨くこと」「運動をして体を動かすこと」という熱いメッセージもいただきました!




80歳の方々に「日々の生活の中で一番の楽しみは?」とたずねたところ、「なんといっても食べること」という意見が多数でした。今現在、80歳の方の平均残存歯数は約6本です。入れ歯などない6本だけの歯で、
いったい何が食べられるでしょうか?
今回インタビューに答えてくださった4人の方々は、みなさん、全身の健康度も高く、活力にあふれた日常生活を送られているのが印象的でした。
「美味しいものをおいしく食べられる」これは当たり前のことですが、それができなくなったら・・・?あなたの生活の楽しみは・・・?
失ってしまってからでは、遅いのです。
ぜひ一度、今後の生活の中で、歯の大切さを考えてみてください。
HOMEに戻る