おかげさまで、当院も平成7年4月に開業して以来、今年で18年目を迎えることができました。
開業当初と比べて、病院も少しづつ古くなり(私も少しづつ年を取り?)、私自身の歯科治療に対する考え方や、進んで行きたい方向がかなり変わってきました。
皆様に喜んでいただくために、当院のこだわりの院内をここでご紹介します。
院長 宇治郷好彦


完全個室の予防専用ルームの増設(メインテナンス・サロン)
虫歯や歯周病の予防のためや、健康な人たちが健康維持のために自ら進んで歯医者に来たくなるためには、そこが快適で気持ちよいところでなくてはなりません。
今までの歯科の常識とは離れて、完全個室のサロンのようなゆったりとした環境で健康づくりのためのお口のケアーを受けていただきます。
その部屋では、削ったり詰めたりするような治療行為は一切行いません(ドリルフリーゾーン)。
ぜひ一度あなたもその快適空間での口腔ケアーを体験してみてください。



来院される方にやさしいバリアフリー
小さなお子様から、お年寄りまで、また車椅子の方も安心して来院していただけるように、段差をなくしたバリアフリーの診療室に改装しました。
高齢化社会が進む今日、お年寄りの方々にも安心して歯科医院に通っていただきたいと思います。この機会に、車椅子の方もご利用いただけるようにゆったりとした広さの洋式トイレにしました。
小さなお子様用に、おしめ交換台も完備しております。


カウンセリングチェア−の設置
患者さんとのコミュニケーションをさらに充実させるために、カウンセリングコーナーを兼ねた、カウンセリングチェア−を設置しました。
これにより、患者さんと術者が同じ目線で話が出来、患者さんの希望や悩み事をゆっくりと落ち着いた雰囲気の中で、安心してお話していただくことが可能になりました。
さらにコンピューターの画像を使って、当院の治療システムの説明や口腔内の状態、そして治療方針をよりわかりやすく説明できるようになりました。





滅菌、消毒の徹底
皆さんの中には、自分の口の中に入る道具がちゃんと消毒してあるのか不安に思われたことはないですか。当院では、患者さんに安心して治療を受けていただくために、以下のような最善の方法で滅菌、消毒を行っています。
スリッパは、使用後すべて酸化電位水で消毒した後、滅菌灯付きのスリッパ入れにて保管しておりますので、気持ちよくご使用いただけます。
紙コップ、エプロン、ゴム手袋も患者さん毎に使い捨てにしております。
口腔内で使用する器具には、さらに細心の注意を払い、滅菌パックで個別に分け、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)にて滅菌し使用しています。
さらに今回、今までは患者さん毎に消毒、滅菌をすることが困難とされていた歯を削るために使用するタービンハンドピースやエンジンコントラも患者さん毎に滅菌、消毒するためホルマリンガス殺菌器を導入しました。
これにより、患者さんの口腔内で使用する器械や器具はすべて確実に滅菌、消毒することが可能になりました。当院は、院内感染予防に最大限の注意を払い、患者さんが安心して治療を受けれる環境作りをお約束します。


ホームページの開設
今あなたが見られているこのホームページを同時に開設しました。
このホームページの目的は、当院に通ってきてくださる患者さんに、当院の考え方、治療に対する姿勢そしてスタッフのことをもっと知ってもらうことです。
そしてその結果、我々と患者さんとの距離が縮まり、コミュニケーションがよりスムースにとれるようになればよいと考えています。
また、お知り合いから当院を紹介された方や,当院に興味をお持ちいただいた方に、このホームページを見ていただき、自分も行って見たいなと思っていただくことです。

だれでもはじめて行くところは、しかもそこが大嫌いな歯科医院であればなおさらそこがどんなところか不安に思われることでしょう。
しかし、そんな心配は必要ないでしょう。
このホームページを見られたあなたは、きっと当院のファンになっていることでしょう(笑)(笑)。